--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

中国の発見物  

はい、DOLであまり活動していないためにネタが無くなっているヨニョです。

しかし…ネタがなくなった時こそ、このブログが本領を発揮するときです。

なんて事はない、昔使った画像を使い回して完全な捏造記事を作るだけです^-^
このブログも300件以上の記事がありますけど、そのうちの6割は捏造された記事ですからね。
それで残りの4割は歴史ネタと文章を水増しした記事ですから、本当に価値のないブログですよ。
拍手ボタンの隣に「いいかげんにしろ」ボタンがあったら、確実に押されてますよ。
でも「いいかげんにしろ」っていうボタンがあったら便利ですよね~
ある程度いいかげんにしろが貯まったら謝罪の記事を書けるんですから…(注意:謝罪は心からしております)

さ、今日も無駄に行数を稼いだところで本題に入ります!


過去の画像を見たら中国での発見物の画像があるじゃないですか。
そこで今回はそれらを幾つか引っ張り出して、無理矢理記事を書いてみます。

まずはこれ!

水滸伝

取り分けて水滸伝について語る事なんてないんですけど…。
まあ、北宋の徽宗の時代を舞台にならず者たちが好漢たちが己の価値に基づいた勧善懲悪もの…でもないですよね。
最期バタバタやられていましたからね。
ウィキペディアとか見ればわかりますけど、この話に出てくる人の何人かは史実上の人物とかモデルになった人がいます…って、こんな話はみんな知ってることですね。
もう宮●市定氏のネタをパクって「宋江は二人いた!」とか言いますか。
でも高●俊男氏は史料批判に基づいてその説を排してますし…。

面倒なので次ぎいきます。

はい、お次はこれです。

資治通鑑

歴史書ってヨーロッパのものだと財宝扱いだったりするのに、これがなぜか考古学扱いになっていたりするのがわからないんですけど…
とにかくこれは中国の歴史書でもかなり有名なものですよね。
高校の世界史の教科書にも最重要用語の一つに入ってますし。
「資治通鑑」という名前からもわかるように(?)、政治のお手本としての歴史書という位置づけになっています。もちろん史料としての価値も高いです。
例えば資治通鑑クエを見ますと…

資治通鑑クエ1
わざわざ重慶から堺へ依頼を出した少女が知りたがっている魏晋南北朝時代だったら、資治通鑑は二十五史に匹敵する史料的な価値があります。というか、史料が少ないからこれに頼らざるを得ないところも…。
でも編年体で、記述も結構細かい上に、文章をわかりやすくしているので気になる時代を知りたいけど知識があまりという人はこれを読んだ方がいいと個人的に思います。
思いますけど…日本語訳にされたものなんてないんじゃー!!(TДT)
いえ、一応部分的に訳されたものはあるんですけど、完訳というのはありません。
web上で翻訳作業をしているところが幾つかありますけど、量が膨大ですからね。

返り点とか付いたものなら汲古書院から出ていましたよね。
あとは江戸時代に出版された資治通鑑とかなら、古書店でもしかしたら5,6万くらいで手に入るかも…って、そこまでするなら普通に中華書局の本を買えと言われますねw

江戸時代の学者が付けたものって結構質が高いですよ。資治通鑑ではないんですけど、江戸時代の返り点とかついている歴史書を見て、中華書局版の同じ本の同じ箇所が、もしかしてこれ誤りじゃない?って思うことがあったりします。
はい、どうでもいい話ですね(T▽T)


次行きますよチクショー!!

阮

発見物カードの右のところに「漢代に製作されたと思われる楽器」とあってどんな楽器か書かれてませんが、続く文章に竹林の七賢の阮咸が愛用したとあるので琵琶で間違いないと思います。
『晋書』巻四十九「阮籍伝附咸伝」にも琵琶を弾いてたことが書かれていますので。(琵琶よりも酒飲みの記述の方が目立つ…)

…琵琶についての話を私に語れと!?(T▽T)
岸辺成雄氏の「琵琶の淵源」が詳しいのでそっちを読んでください…(逃げる)


関連文献(決してこの記事を書くために読み返したというわけではない)

岸辺成雄「琵琶の淵源」『唐代音楽の歴史的研究続巻』 和泉書院 2005年
高島俊男「宋江実録」『東洋文化研究所紀要』 122 1993年
宮崎市定『水滸伝-虚構の中の真実』中公文庫 1993年



ここを監視している人へ

今回の記事にもんくを言わないように。
ある部分が明らかに●●●さんのですw
スポンサーサイト

2011/02/12 01:09 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 2

コメント

No title

●●●さんって一体誰だ?
ワタシは知りませんよ。
どこがそのままの文章なのかもわかんないぞ!!
江戸時代の本のところは、誰かの部屋にあった汚い本で直接見たから違うし。
とにかく●●●さんの実名を出しなさい。

URL | 酸辣湯麺 #- | 2011/02/16 22:28 | edit

Re: No title

それ以前にお前が誰だ!w
関羽の子孫は見捨てたんだww
●●●さんって、ほら、3年前の忘年会で盛大に料理の皿を…w

URL | ヨニョ #- | 2011/02/18 01:21 | edit

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。