--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

すでにご存じでしょうが、このブログにアクセス解析をつけてます。


そして数日に一度確認させてもらってます。

一日にどのくらいの人が見ているのかとかを確認しているんですけど、もう一つ楽しみがあります。
どこからこのブログにやってくるのか12月から現在までのをいちいち集計してみました。

で、ベスト3の結果はこれです。


1位 直で来ている

2位 google

3位 船旅の供に鴎を連れて様


一位の結果を見ると…お気に入りにしてくれているということでしょうか・・・
ありがとうございます(T▽T)

三位はさすがブログランキングでの常連上位さまです。
こんな日陰者のブログにも影響を与えてますw
私なんてブログランキングに入っても下から数えて10位以内の挙句にランキング外にされましたからねw
DOLブログのランキングなのに全く関係ない野菜栽培しかしていないブログに負けたぁー!(ノ▽T)


二位が気になりますよね~

検索サイトからどうやってこのブログに辿り着いたのか・・・。

ということで12月から現在までの検索ワードを見たんですけど・・・面白かったです。


どのワードが一番だったのか・・・。

ベスト5の発表!

と思ったんですけど、ベスト6の発表にします。



というのも上位6位とその下の数が結構離れていたので無理矢理ベスト6にさせてもらいます。


というわけでこのブログが引っかかった検索ワード上位6つを発表です~



6位 イノシシ

イノシシ


・・・。

予想外のランクイン…。
そういえばイノシシネタをちょっとやりましたけど…いや、なんといいますか、検索した人には悪いですけど、ここにはイノシシの有益な情報は全く載っておりません…。
イノシシに付属したワードで最も多かったのが「家畜室」だったんですけど…秘かに畜産が始ってるんですか?



次です。


5位 耐波(性能・速度などがこれに付随)

これはあの無駄無駄実験で引っかかったんですね。
二回にわたって書かれた記事ですけど、本当は三回目も記事を書く予定でした。
でも年末年始でゴタゴタしていたのでついつい書かずに…(T-T)
取り敢えず三回目のも合わせた耐波の速度における影響について簡単に書きます。

・潮流が逆の時に大きな威力を発揮する(=逆じゃないと殆ど効果がない?)
・波が高いとより効果が大きい(波が低いところだとそれほど効果が…)
・潮流が逆の時は旋回の加速よりも耐波の加速の方が大きい

私見ですけどこんな感じです。
色々残された問題とかも多いですけどね。


さて次です、次!



4位 タキガレ(ターキッシュガレー)

きっと造船修行の時ですよね…。
タキガレタキガレばっかり言ってましたから。
でも結構タキガレで検索する人いるんですね。



さていよいよベスト3です。


3位 窄袖衫襦

って、このワード最近のですよね!(^□^;)
かなりの数が引っかかってるんですけど。
収奪の場所とかも書いていませんし、ほんの数行しか書いてませんよ。
「さくしゅうさんじゅ」で単語登録してくれた人がいるかもw

てきとうに北斉の人のお墓の話なんかを交えましたから何かしらの説得力があったり?w


そして次は第2位です。



2位 絶対フィクション

はい、このブログの名前です。
やっぱりこれは来ますよねw
私も実家に帰ってるときは携帯を使ってこのワードで検索しましたからw


あれ、でもこれが2位ってことは1位は一体…。

さあ、一体どんなワードが1位になったんでしょうか。

「3℃」か、それとも「ヨニー」か?
意外な伏兵「ターバン」か…。


結果は「続き」です(ヒドイ)




栄えある第一位は!!!




1位 岡部毅史







って、誰だそれはああああああああ!!!


いや、まあ、東洋史やってる人なら知ってる人もいると思いますけど…。
多くの研究者の名前の中でこの人が圧倒的多数の検索に…。


って、50回くらい検索ワードで引っかかってるんですけど…。
もしかして本人!?
まさか本人が自分の名前を検索しているとかじゃ!(^□^;)

時々京都大学とか名古屋大学からこのブログにアクセスしている人がいるんですけど、その時のワードにはこの人の名前が…。
あのう…わざわざ大学からお越し頂いて嬉しいんですけど、検索サイトで検索せずにまずはマガジンプラスとかの論文検索サイトを検索してください。
私の所にきても論文とかは探せませんよ…。

って、思い出した!
このブログに論文リストの記事あった!!(^□^;)

しかも半分くらいしかまとめてなくて、面倒くさくなって途中で投げ出したんだ(^□^;)

きっとこれだ!

岡部毅史「梁簡文帝立太子前夜」『史学雑誌』118編1号 2009年

これのせいで来てるんだ!(T▽T)

大学などの研究機関からお越しの方々、お騒がせしました。
以後気をつけます(T-T)

って、別に私が気をつける必要はないような…。


とにかく、私のブログは日頃からお越し頂いた方や岡○毅史氏のファン(?)の方の熱い支持で成り立っていることがわかりました。

この場を借りて厚くお礼を申し上げます。

ありがとうございます。


スポンサーサイト

2010/01/20 00:00 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。