--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Thu.

中国の服飾品  

東アジアも実装され、あっちの服飾品も幾つかでてますよね。

例えばこれ


和装


趣の欠片もない姿…。

ターバンが全てを打ち砕いている…。

ターバンという文化は強力だったんですね。



他にも東アジアの服飾品は出てますよね~

リスでの売りを時々見かける歩揺とか。


歩揺


うーん…( ̄▽ ̄;)

取り敢えず『太平御覧』を見てそこに載っていた『釈名』に「上に垂珠あり、歩くと揺れるよ~」と書かれていることから、画像左の垂れているあれが歩揺の特徴ということですね~

『釈名』からということはかなり昔から歩揺があったということですよね。

歩揺冠というのもありまして、歩くと揺れるというそのままのものだったらしいです。
で、鮮卑の莫護跋という人がこの冠を好んでかぶったので、この人のことを歩揺って呼ぶようになり、そこから慕容と呼ばれるようになったと…。
はい、五胡十六国時代に諸燕を建国した慕容氏の伝承です。信憑性はちょっと…。
実は歩揺って聞いて、真っ先にこの話が思い浮かびました。



もう一つ、ある人がレアな服を収奪したということで見に行ってきました~


窄袖衫襦


窄袖衫襦が二人!


しかも二つ!!


窄袖衫襦です。

…。

よ、読みにくい…。

日本語読みは恐らく「さくしゅうさんじゅ」と読むと思います。
「窄袖(さくしゅう。幅の狭い袖の意味)」という単語はちゃんと辞書に載ってますからね!
聞いた話なんですけど、北斉の張粛の墓にあった侍女の俑はみんなこの「窄袖衫襦」を着ていたみたいですから、DOLの時代(17世紀?)よりも千年以上前から着られていた服なんですね。
なんというロングラン商品…。


食料品取引と調味料取引が付くとは…見た目も良いですしこれは私も獲るしかありません!!




そういえば3℃でこっそり歩揺をつけてみました。


歩揺(3℃)




…。


ミ●ーさんへ押しつけることが決定しましたw


スポンサーサイト

2010/01/14 00:00 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 2

コメント

いただいておいて、暴言を申し上げるのもなんですが…。

オシャレするなら、シミのついた服もなんとかなさいっ!
そうすれば美麗な悪の女首領になりそうな気がしますよ!(こら)

窄袖衫襦は、鮮やかな色がいいですねえ。

URL | Mirri #- | 2010/01/14 23:01 | edit

ちょwwシミのついた服ってwww
昔色々な服を着てどれが似合うのか試したんですけど…全然なかったんですよ(T▽T)

窄袖衫襦取れたら試着してみます(T-T)

鎧とかだと幾つかあったような…

URL | 3℃ #- | 2010/01/16 09:19 | edit

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。