--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

関羽の周りの人  

エルオリエンテで中国が実装されたら確実に発見物かなにかで出てくるだろうと思われる関聖帝君(関羽)について前にタラタラと語ってしまったことがありました。
実は関羽については私よりもリアルフレの方が詳しいのでほぼ友人からパクった内容なんですけど(今明かされる微妙な真実)、今回は関羽と関わった(史実的というよりも民間伝承的な分野で)人について。

関帝廟とか関聖帝君が描かれた絵とかを見てみると、関羽の左右にお供っぽいのがいます。
三國志を読んだりした人ならわかるでしょうが、この二人は関平と周倉ですよね。
『三国志演義』において関羽の養子となったと関平と、敵側として関羽の武勇を見て後に関羽の配下となった周倉です。
この二人が関羽に従うようになるのは、劉備と生き別れになった関羽が曹操のもとへ身を寄せ、後に劉備の居所がわかってその下へと戻る所謂「千里独行」の時です。

周倉については史書にその名が確認できず、架空の人物といわれております。
ただし「三國志平話」や『花関索伝』に周倉は登場しており、前者は関羽とは全く関わりのない人物になっていますが、後者では関羽の配下となっていたりします。
この二つの書が成立したとされる元末には周倉というキャラが広く知れ渡っていたということになるんでしょうか。
どうやら元末明初の頃にはすでに関羽信仰と関連して周昌という者がいて、これが周倉のモデルではないかという説もあります。

さて関平の方ですが、「演義」においては関羽の養子となっていますが、陳寿の『三國志』などでは養子とはなっておらず、実子だったとされてます。
金文京氏は「演義」の先行テキストでもある「平話」や「花関索伝」でも関平は関羽の実子と書かれているので養子設定は「演義」で付け加えられたものではないかと述べております。
竹内真彦氏は関平と周倉が関羽の左右に侍る二人組という意図で以て「演義」に書かれたのではないかと指摘し、竹内氏の他に上田望氏も「千里独行」の文が他の部分とかなり異なっていることを説き、関平と周倉が関羽に従うところを含めたこの話は後から挿話された可能性があるとしています。
ですから関羽に従う周倉とセットな関平も時を同じくして関羽に従う話を入れるために実子ではなく養子となったというお話を入れたのではないかと・・・。

演義ってそんなに細かな細工が施されていたんですか…。
所詮演義とか侮ってはいけませんよ。

参考文献
上田望「『三国演義』の言葉と文体」 『金沢大学文学部論集』言語・文学篇 25号 2005年
竹内真彦「『三国志演義』における関羽の呼称」 『日本中国学会報』 53 2001年
竹内真彦「関平が養子であることは何を意味するか」 『狩野直禎先生傘寿記念三国志論集』汲古書院 2008年
二階堂善弘『道教・民間信仰における元帥神の変容』 関西大学出版部 2006年
古屋昭弘ほか『花関索伝の研究』 汲古書院 1989年
スポンサーサイト

2009/11/28 00:00 [edit]

category: 関聖帝君

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。