--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Mon.

沈没船引き上げてました  

3℃でコソコソ海事修行していたら地味に断片が集まってきました。

色々な人にチビチビ渡していたんですけど、今回思い切って沈没船を引き上げることにしちゃいました。

もちろん引き上げるのはヨニーの方です。


それで断片を集めてできた地図がメキシコ湾。

ということは銀ですね。

難なく引き上げてリスへ戻ってY氏と船内調査~~



メキシコ=銀

日本=銀

フェンシングの太田=銀


これDOLをやっている上での基本知識です。

名も無き船ですけど銀があればもんくなしですよ~~(゚Д゚)ノ


結果

銀など出るわけもなく…無駄なアイテムばかり…(T-T)

ハズレです。
大きなハズレです(T-T)

沈没船なんて…沈没船なんて!(TДT)



数日後-


やることがなかったので断片を使ってみました。

一枚使って断片は合計いくつ必要なのかみてみると…。

3枚


…。


…。


予想外の少なさ!

って、これは絶対にハズレでしょう!(T▽T)

そうはいうものの、気になったので一応引き上げてきましたよ。

勿体ないし(T-T)


場所もジブラルタル海峡と近いですし…。

ジブラルタル沈没船引き上げ


当然☆1ですけどね!(TДT)


引き上げた後は商会の人と一緒に船内調査!
☆1なので申し訳なかったです(T▽T)

案の定狭いです。
まるで私の部屋のように…。

ジブラルタル沈没船調査

宝箱も二つですし(T▽T)

それで中身なんですけど…。

一つめの宝箱からでてきたのはなんとロープ。

って、なんですかこれは!?

これで私に首を吊れというんですか!!(^□^;)


もう沈没船なんて嫌だあああああ!(T▽T)


そんな心境で残った宝箱を開けたら銀が出てきました。

あれ、もしかしてメキシコ湾で引き上げた船よりも良いんじゃ…。


☆1といえども侮り難し!

で、船内調査も終わったので残った断片も使っちゃおうということで使ったんですけど、そんなに持っていたわけじゃないので完成まではいきませんでした。
だけど一緒に調査してくれた人が残り枚数をくれました!

ありがたや~(T▽T)

場所はカリブです。

しかも今回は視認R付です!!

早速引き上げに行きましたよ。

確かまだカリブは安全…だと思って見たらすでに安全が解除されているじゃないですか。

いつの間に…。


でもカリブと言ってもケイマンあたりを中心にした地図だったので、ナッソー近くってわけじゃないですしそれほど怯えることもないです。

カリブ沈没船引き上げ

と、思ったらナッソー近くで引き上げじゃないですか!(TДT)

なんですかこれは!
なんの嫌がらせですか!(T▽T)

カリブ沈没船の場所

海域にやま○んいたし…(T-T)

ハバナに入ったらまたや○○んいたし…(T-T)

リスへ向けて出発したら後ろからyam○man(白ネ)出てきたし…(T-T)


そんなこともありましたけど、引き上げた船はなんとピンソンの探検船です。

あのコロンブスに協力したピンソン兄弟の…(まんが人物大辞典を見た商会の人からの発言)

深夜だったんですけど、生き残っていた商会の人と結集して船内探査です!

で、みんなで船の中に入ったんですけど…。

☆1の船と敷地面積が同じ…。


なんでじゃーー!(T▽T)

ピンソンっていったらコロンブスに協力して…(まんが人物大辞典より)

うう…なんというがっかり船内…(T▽T)

ピンソンは所詮ピンソンだったんですね(意味不明)


ですけど諦めてはいけません。
例え敷地面積が狭くても宝箱の中身がヒドイというわけではありません。
私たちはしたきりすずめのお話を聞いて育った人間ですよ。

むしろ小さい物にこそ良い物が眠っている!!


それで出てきた物

沈没船から出たもの
あとエビ


こうして私はしたきりすずめの話に憎しみを覚えるのでした(八つ当たり)
スポンサーサイト

2009/10/12 00:00 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。