--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

前回、田州のゴタゴタから瓦氏夫人と廬蘇らが押す(?)岑芝が田州を治めることになりました。
そのゴタゴタから瓦氏夫人の影響力というのが否応なく上がってきたんです。

それは岑芝が嘉靖三十二年(1553)に世を去ってその子の岑大寿が後を継ぐはずなんですけど、まだ幼いですから瓦氏夫人が実質的な統治者となりました。

そしてその翌年に瓦氏夫人は倭寇討伐へ行くことになります。



さて倭寇についてですが…。

現在の通説は…東アジア全域に渡る規模のもので、前期と後期に分けることができるとするものです。
前期は侵略的なものだったが、後期はまずその構成が日本人は3割いるかいないか程度であり、大半は中国人で主体となって活動していたとかですかね。
特に後期は海賊的なものというよりも私的な商人という色があったことを強調しています。(あれ、強調していたかな?)
これは日本においてそれこそ戦前からそういう見方がありましたし、中国でも現在はそういう見方になっている…と思います。
ただ、後期倭寇の見方としてはそれまでの海賊といったイメージに対するアンチテーゼという意味合いがあった感は拭えず、もっと別な視点でみる必要があるともいわれています。

相田洋氏は東アジアの奴隷貿易という視点から見た場合、前期が散発的であったものに対して後期はより広域で組織的なものとなっていることから、奴隷貿易のシステムは前期から後期へと発展したと捉え、両者の間に連続性があると考えて、前期と後期に分けることが果たしてどこまで妥当なのか疑念を示しています。
また日本人や中国人のどちらが主体かという論について近代的概念を持ち込み過ぎているきらいがあることも挙げています。

なんか話が違う方向へ行きそうな予感…

取り敢えず倭寇はいろんな人たちが集まった集団ということで。


さて、瓦氏夫人が明朝からの倭寇討伐に応じて自ら兵を率いて赴くことになります。
実はこれ嘉靖大倭寇といわれて、最も倭寇が盛んだったときなんです。

明の朝廷はこの倭寇に対して大規模な掃討を展開するんです。
それで嘉靖三十三(1554)年に総督大臣に張経という人が就任し、この人の上奏で狼兵の徴兵が決まるのでした。

先にも述べましたとおり、岑大寿はまだ幼年でしたので瓦氏夫人が代って狼兵を率いて倭寇討伐へ赴くことになります。
その数は四千百名余り。
因みにこの時の広西各地の出兵者の数ですが…。

田州4100余名
帰順州862名
南丹州550名
那地州590名
東蘭州750名

 


瓦氏夫人の率いる田州の狼兵が圧倒的に多いですよね。
思恩府の兵についてもしかしたら田州に含まれているかもしれませんが、他に比べたら多いです。

瓦氏夫人は最初一万三千人を調発しようとしたんですが許るされた数は四千人あまりだったといいます。
瓦氏夫人の気合いの入り方が違います。
一説によるとこの出兵は夫が乱を起こし、それに対する汚名を払うためであったとも言われてますが、もしかしたらその通りだったのかもしれませんね。

さて瓦氏夫人たちの目的地は金衛山(現在でいうと上海の南西の方)という遠方で、半年以上かけた嘉靖三十四年の三月に到着しました。
どうも広西の他の狼兵の軍よりも早くついたようです。

瓦氏夫人はすぐに敵と戦うことを望んだようなんです。
そして彼女は一度倭寇と戦い大敗し、多くの将(?)を失うことになりました。
倭寇側も狼兵に勝利したことによって勢いづくのです。

その後、永順と保精の土兵が到着して再び倭寇と対するのです。

前にどこかで湖広の土兵が明朝最強と言いましたが、正確にいうならこの永順と保精の土兵のことです。
武芸に秀でて天下にこれよりも強い者はいないと言われ、銃を使用しなくても十分倭寇と戦えたことでしょう(推定的な表現…って『江南経略』巻八下「雑著」にも憶測っぽい感じで書いてるんですよ(T-T))

この湖広の土兵と広西の狼兵の戦闘方法に関する軍律はキチ○イじゃないかと思うほどのものでして、湖広土兵は戦いで功績の証となる敵の首を取ることを禁じ、違反者は死罪。
広西の狼兵の中でも「真狼」といわれた東蘭・那地・南丹の狼兵は、一人が敵に向かっていったら左右の者が敵を挟み撃ちにする形をとり、一伍(七人?)がこれを救うという戦法で、もしもこれを行わずに敵へ向かった者が死んで左右の人間も挟み撃ち出来ない場合は一伍の者を全員死罪。また功績のない者は耳を切り落とすという非常に厳しいものでした。
他にも命令を行わなかった者、敵から退く者、味方の恐怖心を煽る発言をした者、敗走している敵を追撃しなかった者なども死罪。

厳し過ぎるんですが…。

さて、湖広土兵も加わっていよいよ倭寇と戦闘します。
王江の戦いで初めて勝利し、その後の戦いにも勝利をして倭寇側に大打撃を与えたのです。

その後、この倭寇討伐なのですが指揮をしていた張経が朝廷内で誣告されて失脚し、間もなく処刑されるという事態が起きました。

瓦氏夫人は張経が失脚すると、病を理由に狼兵共々田州へと帰還するのです。
その二年後の嘉靖三十六(1557)年にこの世を去っていることから本当に病気だった可能性もありますが、張経失脚後というのが何かあると想像したくなりますよね。


これまでダラダラと無駄に長くしましたが、瓦氏夫人は広西の動乱の中心といえる人物たちの近くにおり、また自身も重要な役割を果たし、奇しくも東アジア史上でも大きな出来事だった倭寇のそれも最も盛んだった時に自ら兵を率いてこれと対したという、まさに劇や物語のネタになりやすい人生を送った女性でした。
ふと考えてみたら、倭寇と対した瓦氏夫人って広西の土官たちの興亡の末に表舞台へと出て行って、対倭寇へと赴くんですから、広西の土官体制によって生じたものと見られなくもないですよね(環境決定論)

このシリーズに使った参考文献(基本資料はのぞきます)

相田洋「東アジア貿易と倭寇」『東アジア世界史探究』汲古書院 1986年
岡田宏二「明朝による「湖広土兵」と「広西狼兵」の調発について」『東洋研究』136 2000年
岡野昌子「明代土司制度考」『待兼山論叢』 創刊号 1967年
奥崎裕司「中世東アジア世界と倭寇」『東アジア世界史探究』汲古書院 1986年
田中健夫『倭寇-海の歴史-』 ニュートンプレス 1982年
谷口房男「思恩田州叛乱始末記」 『史苑』 42巻1・2号 1982年
谷口房男「嘉靖海寇反乱掃討と瓦氏夫人」 『東洋大学文学部紀要』37集 史学篇9 1983年

他に中国語の本読んだ気がするんですが忘れました。

スポンサーサイト

2009/08/08 00:00 [edit]

category: 瓦氏夫人

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。