--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Tue.

大さるべの旅-悲劇編-  

前回の回想。

忙しいように振る舞っていながら、実は思いっきり暇であることがバレバレだったヨニーに対してサルベージのお誘いが!?

勿論さるべのお供を即答するヨニー。
さるべのおこぼれに期待を膨らませながらも、ロンドン南で引き上げた船から出てきたのは魚介類と硫黄…。

お約束の展開だからと自分に言い聞かせながら次は★7の船が眠るアフリカへと旅立つのでした。



ドーバーから直でアフリカへと行きました~

途中のカナリアと穀物間で一人PKがいましたけど、一人ならカ○モさんが犠牲になっている隙に逃げ出せば万事解決です(酷)

運良く引っかからずに黄金海岸まで着きました。

ここら辺かなと思ったのでa○aさんに目標の海域はここかと聞いたんですけど、副官が何も言わないとのこと…。
隣の海域かなと思って進路を東にして隣の海域へ。

何も反応なし…。


えええええ!


ナミビア辺りなのかなと思って南へ進路を取ろうとしたんですけど、ちょっと地図を確かめたいとのことだったので近くの港へ立ち寄りました。

少し話し合った結果、その地図はアフリカ沿岸じゃなくてパナマあたりの地図じゃないかということになりました。

そんなわけで急遽目的地変更~
中米西岸です!w

えっと…私たちがいた港はサントメですから…これは南米航路と運河航路のどっちが速いんでしょうか…?
と、思ったら運河勅命やっていない人が…南米航路確定~w

これって片道一時間くらいかかるような…。
なんて悲劇!(と言いながら実は楽しんでいた鬼畜な私)

サルベの地図って時々難しい地形が書かれてる時がありますよね。
判断を間違えると泣きたくなることだってあります。

さるべじゃないですけど、冒険地図でボスニア湾って書かれている地図があったんですよ。
私はてっきりボスニア・ヘルツェゴビナのことだと思ってずっとアドリア海を回ってました。

まさかバルト海にそんな湾があったなんて…。

こういう地理的な間違いってDOLの世界だと意外に致命的だったりw


さて、さるべの旅の方ですが南米周りでパナマへ行きます。


南米周りということはつまりあの海峡を通るわけです。
操舵とか漕ぎを上げるあの場所です。

時々あそこに変な狩人がいますからちょっと緊張します。

海峡を避けて行くという方法もあるんですけど、面倒だったのでそのまま海峡通過。

幸い稼働中の色つきはいなかったので(稼働中という意味は…つまり実質稼働してなそうなのも…)そのまま通過。
あとは風に乗って北上すればいいだけです。

片道一時間といいましたが、どうも40分ちょっとで着けるみたいです(要急加速)


そしてパナマ近辺の海域に入ると副官に反応が!

良かった…これで他のところだったらと思うと…。

★7なので★1のように簡単にはいかないと思うので、近くの港で物資を積み込んでゴー!

探すこと数分…。

a○aさんの船が沈没船を探り当てたのでみんなで引き上げです。

…でも一回の引き上げにつき4%です。

これって…

ここまで低い引き上げ率だともしかして90%くらいでロープが切れてやり直しという悲劇に…。

そんなことになりそうだったので、もしも切れたら一旦港に寄って船員の多い船に乗り換えるということにしました。

もちろん一番いいのはそんな話が無駄なものになってくれることです。


そして96%になった時に切れました…。

…なんという悲劇!(TДT)


こうして私たちは港へ戻ってしっかりと準備をするのでした…。


再び引き上げをしたんです。
ですけど引き上げ率5%…あんまり変わらない…。

こうなったら無駄かもしれませんが余っているサルベロープをもらって少しでも協力します(因みにa○aさんはサルベスキル持ちという)
それでもあまり効果がありません(T▽T)

そして90%台になった時は切れるんじゃなかとドキドキしてましたが、無事に引き上げました~

あとは曳航なんですけど、すぐに切れそうになるということで中々進みません。

そこで私が思いきって無視して進んでみたらと言ったんです。
それをay○さんは素直に受入れて進んだんですけど、沈没船が即沈みました。

…。

…ごめんなさい(T▽T)

一度引き上げた船はすぐに引き上げられたので良かったですけど…私が悪ぅございました(TДT)

その後は難なく港へ入ったので…もしかして私の一言が余計だったんじゃ…( ̄▽ ̄;)


さ、さて、都合の悪い話は忘れて船内探査です。

沈没船の中は…広い!
★1の船とは比べることができないくらい広いです。

★1の船が家賃3万だったら、こっちは家賃100万くらい…(意味不明なのでスルーして下さい)
そして宝箱の中身も金や銀がたくさん…。

やっぱり沈没船の中身は船の広さが大事なんですね(注意:あくまで一個人の意見です)


色々な悲劇にあったものの、沈没船の中身が美味しかったので良い思い出になりそうです。
…逆にカニだけでも良い思い出になったようなw

もうかなりの時間だったんですけど、みんなリスへ帰るとのことだったので南米周りで帰還するのです。


まさかこの帰りに本当の悲劇が待ち受けていようとは、この時誰も思っていなかったのです。
(まさかの次回に続く!?)
スポンサーサイト

2009/04/07 00:00 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。