--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sun.

今週の武将「黄忠」  

三国志知ってる人ならお馴染みの老将黄忠です。

三国志演義でも初登場早々関羽と一騎打ちを演じています。
関羽との一騎打ちという生存率の低い戦いで百回以上も打ち合うことができた人って黄忠と龐徳くらいですよ。
なんて勇猛な老将。

陳寿の『三国志』においても伝が立てられ、内容こそ少ないものの、その勇猛さはちゃんと書かれています。
元々は劉表の配下であったものの、劉表の死後は荊州に進出した曹操の官を受け、後に劉備へ仕えることになったのは皆さんもご存知のことだと思います。
で、黄忠の勇猛さを伝えてるところは二つ。
一つは劉備が蜀へと進出した時のことで、黄忠は常に先頭に立って敵陣を落とし、その勇猛さは三軍の冠であったというところ。
そしてもう一つは黄忠最大の武勲を上げた劉備の漢中攻略戦の時です。
定軍山において夏侯淵の軍との戦いで僅か一戦で敵将の夏侯淵を討ち取るという大功をあげますが、その時の黄忠の軍の勢いは「金鼓は天を振るわし、歓声は谷を動かす」ほどのものだったと書かれています。

そしてある生粋のマニア先輩は「歓声って喜悦の声だから」というツッコミを入れ、「歓」は「讙」の借字、ひいては鬨の声であるという妥当な結論が出ていたにも関わらず、それを無視して戦いの時に谷を動かすほどの喜びの声を上げた戦闘狂黄忠なる人物像を作り上げようとしたことがありました。

という無駄な話を入れておかないと黄忠について書くことがありません。

この人の具体的な活躍って夏侯淵を討ち取ったくらいですから。
劉備が漢中王となり前後左右の将軍を任じたときに黄忠が後将軍になって、同じく前将軍に任じられた関羽が黄忠と同格であることに怒ったというのもある意味理解できます。
まあ、あの時の劉備の人事って漢中の守りに当たるのは張飛であるという多くの人の見方に反して魏延を督漢中・鎮遠将軍・領漢中太守にしたりと驚くことをやってます。
黄忠を後将軍に任じようとしたときに諸葛亮が劉備に黄忠の名望は素より関羽・馬超と同じではないことを述べているので、劉備の人選ってそうした名望とかをあまり気にしないようなものだったのか、それとも違う思惑があってこれをやったのか…(書くことがないから無理矢理引っ張っているところ)

さて、黄忠は後将軍になった翌年にこの世を去っています。

ですけど演義ではこの後も出番があり、劉備が関羽の仇討ちとして呉と戦うところで、関羽や張飛の息子たちが活躍する中で劉備が老人は役に立たないと言ったことで75という年齢にも関わらず前線に立って敵将史蹟を討ち取るものの、翌日敵を追撃し過ぎて逆に四方から攻撃され、その時の戦いで肩に矢を受けたためにそれが原因で死ぬというものです。

それよりも前の演義第七十回で葭萌関を張郃が攻撃してきた時に、このことへの対処を劉備陣営で話していましたが、自ら名乗り出た黄忠に対して諸葛亮が高齢であるから張郃の相手にはならないと言って、黄忠を発奮させたという爺ネタがあります。
劉備もまたその爺ネタを使ったということなんでしょうけど、逆に黄忠を死なせることになったということで、爺ネタを安易に使ってはいけないという教訓がここには含まれています。
そう、お年寄りを馬鹿にすると意地になってなにかをしようとするので逆に危険なことになるということを私はこの記事を通して言いたかったのです(今てきとうに考えた)

皆様も爺ネタを使う時は十分に気をつけて下さい。
スポンサーサイト

2012/03/25 08:00 [edit]

category: 三國志「今週の武将」

tb: 0   cm: 0

Sun.

今週の武将「郭嘉」  

はい、今週の武将を数週間放置してました。
大変申し訳ありません。
原因は前回の今週の武将の記事で三国志12は三月に発売とか書きましたけど、その記事が更新された翌日に三国志12発売延期が発表されました。
このブログの呪いが発動したのでしばらく記事の更新を控えていました(嘘)

このことでもう「○月○日発売!」なんてことすら書いてはいけない気になりましたよ。
って、発売延期は私のせいじゃなくて開発している人のせいですからね!(^□^;)
それに3月30日発売ならギリギリ三月の範囲ですし!

<追記>
三月発売から四月発売に変更されました。
これは私のせいではありません。



さて、今回は郭嘉です。
郭嘉ならみんな知っていますよね。
前回の張燕とか前々回の於夫羅を取り上げて一体何が面白いのかと思う人もいるでしょう。
だってマイナーな方が書くの楽だし…。
有名なところ、曹操とか劉備なんて取り上げたら大変なことになります。
だから絶対に有名なところは取り上げません!!
とは言うものの、有名だけどあまり書くことがない人だっているわけです。
例えば今回取り上げる郭嘉とか黄忠とか、このあたりならてきとうに書いてもボロが出にくいです。

張角の時は資治通鑑の胡三省の注をそのまま鵜呑みにするという失態を犯しましたが、今回は他のも参考にしながら慎重にいこうと思います。

郭嘉といえば曹操の参謀ということで演義でも頻繁に出てきます。
はじめは袁紹の所へいったみたいですけど、袁紹の人となりをみて覇王の業をなすことは難しいことを辛評や郭図に言ってその下を去りました。石井仁『魏の武帝曹操』に郭嘉と郭図は一族と書かれてます。両者は確かに潁川の人と書かれていますし、同じ郭氏だからその可能性はありますが、もうちょっと後の時代には譙国の龍亢と銍に二つの桓氏が存在していたということもあるので、潁川の郭氏だけで二人を同族とすることはできません。

さてさて、郭嘉ですけど、この人って曹操に重要な進言を幾つかしてますよね。
まず袁紹が公孫瓚と争っている隙に徐州の呂布を攻め滅ぼすようにと言ったこと。
これだけでも結構重要なことを言っているんですけど、もっと印象的なのは袁紹死後にその子の袁譚と袁尚の対立した時のことです。
袁紹死後の後継を巡って袁譚派と袁尚派が争うようになります。対外問題では最初の頃は協力関係を取り繕ってはいましたけど、実際は兵権を巡って争っていました。

こうした状況を見てか曹操陣営の諸将はすぐに攻撃すべきという意見だったんですが、もしもここで袁氏を攻撃したら袁譚・袁尚の両者が手を結んで対抗するようになるから、違う勢力を攻撃するような姿勢を見せて袁譚・袁尚両者を互いに戦わせるようにと進言したのが郭嘉です。
郭嘉の読み通り、袁譚・袁尚は本格的に争うようになります。袁紹と同盟していた劉表などは袁譚・袁尚に書を送って争いを止めるように言いますけど、二人はそれを聞かずに争い、袁尚に敗れ劣勢となった袁譚は曹操に救いを求めます。
曹操は袁譚の要請に応えて袁尚と戦いますけど、袁尚敗走後は曹操に背いた袁譚と戦ってこれを滅ぼすことになります。兄弟二派に分かれての争いによって勢い盛んだった袁氏は滅亡へと至るという教訓めいたお話。

さてさて、袁氏滅亡の画期となったとも言える袁譚の曹操への救援要請ですが、この案を出したのは郭嘉と旧知の郭図です。更に郭図が曹操への使者として推薦した人物はこれまた郭嘉と旧知であった辛評の弟の辛毗です。
郭嘉を曹操への窓口にしようとした意図が垣間見えます。『三国志』巻二十五「魏書辛毗伝」に曹操が袁譚の申し出を聞いて喜んだものの、数日後に劉表を攻めようとする態度を見せた時には辛毗が郭嘉にその事を語り、そして郭嘉が曹操にそのことを告げているところなどを含めると、曹操と袁譚の協力関係構築には郭嘉と郭図のラインが使われた可能性がかなり高いです。

この一連の袁氏分断劇において、ある種当事者といえる袁氏側に属していない郭嘉がかなり重要な存在になっていることは注目に値しますよね。

また無駄に長文で読むのが辛いです。
頑張って書いたんだから郭嘉の記事はここら辺でいいですよね?
あとは取り立てて書く事なんてないはずですよ。
烏丸の蹋頓の協力を得た袁尚たちの討伐断行を進言したくらいです。
コ●エーの三国志の蹋頓が原始人っぽいことには悪意を感じます。

そういうわけで、三国志12では蹋頓をもっとマシなグラにしてください。

2012/03/18 08:00 [edit]

category: 三國志「今週の武将」

tb: 0   cm: 0
前回の記事に余計なコメントをくれたカ●モさん、戦闘用記念スループには白兵回避付きません。
東アジア造船技法書を一枚30mで買いこみ、わざわざ東アジアまで行って鉄板を作った末のこの結果です。
しかも、もし白兵回避付いたら自分の船に付けちゃえって思惑でもう一個作ってきたので実質損害は2倍になりました。
教祖さま、試練をお与え下さり本当に本当にありがとうございます。

そんなわけで、今回の記事はテンション低くいきます。

はい、今回の記事は戦闘用記念キャラベルです。
海事の初級卒業で記念の箱から海事転職紙と一緒にこの船の引換券が出てきます。
記念スループのおかげでこの船よりも海事転職紙の方が価値あるんじゃないのかと思ってしまうとっても可哀想な船です。
取りあえずこんな感じの性能ですから。

戦闘用記念キャラベル

戦闘用記念キャラベル2

大砲三つ積めるんですが…記念スループのような16門を三つというわけには…

そしてこの船のOPスキルを三つ貼っておきます。

耐風マストが付きました
(小マスト+修理道具一式)


ついでに重量も付きました
(鉛の砲弾+加工鉄材)


そして集中修理
(司令塔+修理道具一式)

今回はやる気がなかったので三回試して、三回OPスキルが付きました。
別に研ぎ澄まされた勘とかではありません。
前回の記事で記念スループのOPスキルが軍用スループのOPスキルをそのまま使い回したんじゃないかと書きました。
で、他の船はどうなっているのかを確かめたかったので、取りあえず戦闘用キャラベルの双子の弟っぽい戦闘用記念キャラベルで戦闘用キャラベルのOPスキルが付くのか試したというわけです。

結果は上記の通り、戦闘用キャラベルのOPスキルがそのまま付きました。

はい、そんなわけで今回の新登場の船のOPスキルは既存船のOPスキルをそのまま使い回している可能性が高いです。

以上、記念スループ白兵回避付与失敗で精神的ダメージを受けた人間の記事でした。

2012/03/02 08:00 [edit]

category: 船のOPスキル

tb: 0   cm: 0

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。