--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

呪いの船大工になってしまった  

ローマンガレーで焼き討ちがついたとかほざきましたけど、よく考えたらローマンガレーを造ったのはOPスキル探しじゃなくて大海戦仕様に強化してみようと理由でした。

すっかり忘れてましたよ。

あまりの忙しかったのでそんなことをしている余裕がありませんでした(白々しい)
さすが師走です。
師が走ると書いて師走ですよ。
そういえばヨニーも鋳造の師匠としてコ○クションちゃんという幼女を弟子に持っているのです(モ●トさんは泣く泣く破門)が、この幼女は事もあろうに師匠である私に服を買え服を買えと連呼するんです。
今度会った時には海賊服をプレゼントし、師匠として海賊へと導いてあげようと思います。

さて、話をローマンガレーの強化に向けます。


ローマンガレーはご存知の方もいるように、大海戦の小型戦で脅威の白兵値を誇ります。
前にも多少述べたと思いますが、ローマンガレー対策としての白兵回避や轟音機雷を使え且つ普通に小型戦を戦うことができるボンバルダ系が最も安全に戦えるのかもしれません。

小型戦を変えてしまうかもしれない船ということで、ちょっと造ってみたくなりました。

まあ、造った直後はついついOPスキル付与実験をやってしまったと…

そして今回は強化に取りかかります。

ローマンガレーは強化可能数が10回という酷い仕様です。
小型で10回って殆どの性能をMAXまで強化することが可能ということですよ。

問題はOPスキルですよね。
漕船補助は付けるとして、残りのラム突と破壊工作と焼き討ちって…
ラム突やると大型コーヴァス付けられなくなりますし、焼き討ちなんて現仕様では家畜室と同等の有用性しかないような扱いになってます。
破壊工作だって白兵の突撃自体が破壊的な威力だからわざわざ破壊工作なんてしなくてもいいです。
もっとも破壊工作を付ける時の材料が装甲と旋回を上げる部品だから、それらの数値を上げるついでに付けちゃったという満足感を得るくらいなら…

私の場合はOPスキル漕船補助のみにしておきます。
お飾りOPを付ける枠があるなら他の性能を上げます。

取りあえず一回目の強化です。
まずはお約束の耐久上げです。
他のも上げていいと思いますけど、大型の戦闘用の船を強化する時の癖でつい…。

オポルトで売っている汎用帆と強化ロープ二個付けです。

ローマンガレーの一回目の強化に必要な造船ランクは1です。
1ですけど、本気で強化します。
当然造船R20の上に都市伝説をなるべく多くいれます。
今回は強化の度に増減をいじるとか、もう一人の副官を主計にするとか、親方にお辞儀をするの三つをやりました。
あいにく強化ロープ二個付けですけど、そこはそれ…。

耐久強化値は40~80の間ですが、今回はなんと70でした。

都市伝説は本当だったのか…

って、これは必要造船Rが低かったからこの結果になったんですよ。
決して都市伝説のおかげというわけではありません。
冷静になりましょう。
毎回親方にお辞儀するなんて恥ずかしいです。
誰もいないところならまだしも、リスの造船所前には必ずと言っていいほど誰かいますから。

そんなわけで親方へのお辞儀はなしにします。
止めた理由は「恥ずかしいから」です。

取りあえず続きを強化します。

現在耐久強化値は70ということで小型Bの上限の130まであと60です。
60って…強化ロープ二個付けの中間値です。
つまり次で普通の値を引けば耐久強化は終了です。

なんて楽なんでしょうかローマンガレー!!

ということで今回も一回目の強化と同じ部品で強化しました。
必要な造船Rも1ということで一回目と変わりません。
唯一変わったのは親方へお辞儀をしなかったことくらいです。


結果

耐久+40


…。


強化ロープ2個付けたら2個とも最低の強化値を引きました。

なにいいいいいいいいいいいいい!!!
なんですかこの数値は!!
こんな数値引いたことありませんよ?
これの必要造船R1ですよ?
私造船R20ですよ?
それなのにこれって…うわ、もう「造船カンストしてます」なんて言えない…。
来年からは「造船R1の船すら満足に作れないクズな船大工です」って言うしかない…(T-T)

おかしいです。
一回目は大成功したんですよ。
それとほぼ同じ条件なのに今回は未曾有の大失敗です。
一回目と二回目での違いなんて親方におじg…


まさか親方にお辞儀しなかったから!?(^□^;)
親方のご機嫌を損ねたために…


でも10回強化可能ですから、一回くらい大失敗引いたからといってもまだカバーできます。
ということで三回目の強化に入ります。
耐久が思わぬ自体で残り20となりました。
強化ロープ一個付ければ確実に上限を突破しますけど、特殊船倉を使う場合は中間値を引けば耐久+20ですから上限に達し、しかもうまくいけば装甲も強化されます。
これはもう後者を選ぶしかないでしょう。
二回目強化の時は不運にも最低値しか引けませんでしたけど、さすがに二連続で最低値ということはありません。

ということで三回目の強化は特殊船倉と、前にやったOPスキル付与実験の時に余っていた司令塔を使いました。



結果


未曾有の最低値引きだああああああああ!!(T▽T)

耐久+10
旋回+1
装甲ハズレ

なんですかこの結果は?
なんの嫌がらせですか?(TДT)
もう駄目だ…今まで散々カ●モさんを呪いの船大工とかダークサイドに落ちた「ダーク・カル●」(注意ヴェネPKのダーク・カ●ロさんとは別人です)とか言ってきたけど、私も十分呪われてますよ。
私もダークサイドの人間だぁ(T▽T)
いつでも日●のCMに出られるように準備しておきます(T-T)


結果、ローマンガレーをまさかの初期化で今までのことを無かったことにするのでした。
スポンサーサイト

2011/12/31 10:00 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: 0   cm: 2

Sat.

2011年も終わりでございます  

ということで2011年も終わるのでそれと共に絶対フィクションも終わらせようとか思います。

はい、誰も本気にしてませんね。


正解です(^□^;)


ついに12月31日になりました。
去年の31日にこのブログでは一体なにをやったのかと振り返ってみたらこんなことやっていたじゃないですか。

http://yoko421.blog39.fc2.com/blog-entry-391.html

そう、去年は某有名ブログ船旅の供に鴎を連れて様のブログ名をパクるという悪行をやりました。
それは数日のみの犯行だから長く証拠は残らないと思っていたら、DOL blog linkさまのところでしっかりとその名前で登録されていたじゃないですか。
しかもその時ってこのブログも日付変更と同時に記事が更新されるように設定していまして、ほら某有名ブログさまも同時刻に更新じゃないですか。
だから例のリンクさまの所で並んで更新されて…パチモノブログとしてしばらくの間衆目に晒されるプレイをしていました(T▽T)
本当に関係者の方々、ご迷惑おかけしました。


そこで今回は去年の反省も含めて、ブログ名を「船旅の供にポチを連れて-燃えろ!キャッシュフロー!!(DOLと三國志12を応援します)」に改めます。
これはパクリの対象を複数にすることで責任所在をうやむらにしようという狙いを(単に問題を大きくしているだけ

これでも頑張った方ですよ。
最初の案だと「増えろ!A美の毛根!!」とか「船旅の供にT田のメガネフレームを連れて」なんて危険なネタをちりばめていましたから!
(注意:この話はあくまでフィクションであり、登場する人物・キャラクターは実在の人物とは一切関係ありません)


そんなわけで2011年、今年もよろしくお願いします^-^

2011/12/31 08:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0
12月25日の大海戦の最終日は私も参加しました。
って、1日目も要塞構築組として参加してましたけどね。
3日目は2艦隊編成のいわゆる雑食する艦隊です。
メンバーの半数がβ☆β商会でした。

と言って大海戦のことを書いたところで別に面白いことは…あった!

私が味方の旗(やま●と●まさん)に体当たりして、旗のお尻を敵の絶好の場所へ押し出したことです。
あれは完全に私の責任です。ごめんなさい。
本当に後悔しています。
何を後悔しているかというと、あのシーンを動画に撮って残しておかなかったことを…(反省の色なし

と、大海戦の面白かった話ですけど、実のところ今回よりも前回の大海戦に方に面白い話があったりしますので、そちらをいつの日か上げるとして、別の話をします。

今回の大海戦の小型戦で私はローマンガレーに拿捕られました!
先制強襲ついたローマンガレーで白兵の攻撃300超えは尋常じゃありません。
ガンボ造船屋廃業です。
もうこれからはローマンガレー対策もできて、普通に小型戦を戦える白兵回避と轟音機雷の付いた後衛型ボンバルダが小型船の主役です。
次回からガンボに乗っている子を見たら指さして「絶対ボンバルダ!」と言って私のブログっぽいのを宣伝しましょう。
って、宣伝しないでください。
真面目にブログ非公開にします。
非公開にしたらよりマニアックでアニヲタを前面に出した内容になります。
ブログのジャンルも「家庭菜園」あたりを選んでおきます。
なぜ家庭菜園なのかは、昔FC2ブログランキングの大航海時代オンラインのところの最下位近辺になぜか野菜を栽培した記事しか載せていなかったブログがあり、しかもそのブログが私のブログよりもランキングが上だったという酷い展開があったので今度はあっちのジャンルへ報復をします。
でも非公開だとランキングに載らない。。。

って、そんな野菜栽培の日記に負けたこのブログの復讐計画なんてどうでもいいんです。


白兵回避がついていながらあっさり拿捕られた私はローマンガレーを造ってみようかなって思ったので早速船を造ってきました。
ただ、強化用の材料を集めるのが面倒だったので造っただけです。
その代わり地中海近辺で作れたり/売っていたりした物で、ローマンガレーのまだまとめwikiに載っていないOPスキルを探してみようと思いました。

まとめwikiにはローマンガレーのOPスキルは現在わかっている段階で三つあります。

漕船補助・強化衝角・破壊工作

この三つです。
取りあえずあと一つくらいあるんじゃないのかという気がしたので、それを予想して材料を集めます。
もうこの段階で小型戦に出られるためのローマンガレー作りではなく、単なるローマンガレーのOP探しに目的が変わってます。
でもDOLのクエも途中で変わったりしますので、これもそれの類似した症状だと思えば違和感ありま……すけど強引にこの話をすすめます。

なんか話がくどくてすいません。
もう読むのが面倒な人が出てきたと思いますので、その方のために結果を言います。

ローマンガレーでまとめwikiに載っていなかったOPは…






白兵戦回避です



ええええええええ!!!!


と思った人もいることでしょう。

はい、嘘です。

大体白兵戦が売りの船に白兵戦回避って…そんな神懸かった性能あるわけないですって。
信じた人います? プププ恥ずかしい…プププ

って、可愛い冗談じゃないですか!(^□^;)

ちょっと待ってください。
モニタを殴ったりしないでください!(^□^;)

本当に反省しています。
もう嘘はつきません。
ねつ造記事も書きません。

真面目にローマンガレーのOPスキルについて書きますので、どうかご勘弁を…(TДT)


まずローマンガレーというくらいですから大砲関係のOPは付かなさそうと考えたので違う方向しました。
そこでまず考えたのが船匠室です。
あの無駄っぽいOPスキルです。
なぜか調査用ガレーに付きましたから、もしかしてこっちにもそれが付くんじゃないのかと…。
そこで船匠室をショップで買い、あともう一つ付け合わせとして修理道具一式も調達して付くのかどうか実験しました。

結果は付くわけありません。
きっとこの記事を開発側が読んだために船匠室付与を取りやめにし、その記事で開発者に対して「この○ケェェェェェ」と言った私に16連続生産失敗という懲罰を与えてくれたのでしょう。
色んな意味でありがとうございます。


次はいよいよまさかのOPスキル「特殊船尾楼」付与!!
…はできませんでした。
船尾回廊と解体道具で試してみたんですけど、なんか付きそうになかったです。
よく考えたらそんな物つけなくてもローマンガレーの白兵優位は変わらないだろうと…


さてさて、程よく行数を稼いだのでこれはもうお約束の展開です。

そうです。

このブログを読み込んでいる人ならすでに気付いていることでしょう。



次回に続く!!

-- 続きを読む --

2011/12/27 08:00 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: 0   cm: 2

Wed.

南蛮ゲーム(初級編)  

閲覧者が激減した頃にこっそり記事を更新するク●ブログの更新日がやってきました。
とてきとうな理由をつけて記事の更新をさぼってます。
毎度お馴染みの単に面倒だったから書きませんでしたルートです。

だって書く事なんてないんですよ!(TДT)
いや、あるんでしょうけど面倒なんですよ!!(TДT)

誰かこの怠け者な私に救いの手を!!(T▽T)


さて、前回記事から今までに色々なことがありました。

まず一つは共有倉庫2と船内倉庫の課金が切れました。
アカウントの課金と合わせようと思うので少しの間この状態にしようと思います。
はい、本当にどうでもいいことでした。
ここでそんな事を言ったところで誰も得しませんね。
強いて言うなら記事を書くのが面倒な私が、無駄に行数を稼げたのでちょっとお得な気分になったくらいです。
見ている人にとっては苦痛以外の何者でもないでしょうけど、見ている人に苦痛を与えることが私の最上の喜びなのです。
(注意:決して本意ではありませんので、変なところに通報しないでください)


ここまで私の共有倉庫と船内倉庫の課金切れの話しかしてません。

というよりもその話しかできません。

そんな状態でも何か書かないといけません。

なぜか…。


実は秘密のコメントをくれた人がいまして、そのコメントにこんなことが書かれていたんです。


>ドルえもん

>…のカル●モですw

>ランキングも下がってきたので、そろそろ新しい記事をお願いします!
>…って最近鯖内でお会いしていない気が。。。

>っていうか記事書けやボケェェェェ!!
>記事更新しなかったら●すからな!!!!


という脅迫コメが来ました。
あのカ●モさんがこんなコメントを…とても信じられないでしょう。
恐らく多くの人がそう思うことでしょう。

無理もないことです…
ですが被害者としてこれだけははっきりと言わせてください。

これは私が捏造したコメントです(やってはいけない事その1)

被害者ヅラしてすいませんでした。
本当は加害者でした。

だって、本当に書くことないんです!(TДT)
なんか今年の12月って意外に忙しくありませんか?

いま「お前はどう見ても暇だろw」って思った人、後で●します^-^


最近DOLで何をやっていたかな…
取り敢えず南蛮貿易やりました。

もう今更という感じですね。
しかも基本ハズレなしの麝香運搬ですから何もいうことありません。

いつもなら満載に近いくらい積込みますけど、その時は麝香1200個ちょっと運んでみようと思いました。
ほら、南蛮上級者になると500個くらい積込んでどれだけ増やせるかという遊びをやっているじゃないですか。
昔だったらケ●ャップさんが銅鉱石でそれをやってたくさん増やして、東アジアに来た知り合いにお土産として持ちきれないくらいの南蛮品を渡し、残りはその場で捨てていたらしいという民間伝承が台湾あたりに残ってます。
ありがとうございます!

今こそそれをやってみるときです。
でも500個でそれをやれるほど私は南蛮に慣れていないので1200個という初心者モードで…。

毎回カリカで麝香買ってますけど、香料って高いですよね。
カテ4使うので香辛料と宝石もついでに買って、取引スキルを上げるのは基本ですけど、宝石とか惜しげもなくその場売りしているので結構な出費です。
その出費を吹き飛ばすのが南蛮交易品ですけどね。
取り敢えずカリカという好立地でもありますから、大学スキルでカテ4使う交易品の値段をいくらか減らすスキルを一時的に消してもいい大学スキルと交換します。
そしてカリカでカテ4交易品買いまくる研究をやって単位を地味に貯め込みました。
ヨニョの場合は前回麝香を1600個くらい積んだときには4回できましたから、あの研究が一回1600だから6400単位入ります。
そのくらいあったら大学スキルの取り替えをやっても単位数的にお釣りが来るはず? 
10000単位必要なスキルと取り替えたらマイナスじゃないかというポスト一休さんのような歪んだ発想は止めてください。
あといちいち書庫まで報告に行くのが面倒という考えも控えてください。
私にしてみればこの記事を書くよりも面倒じゃありません。

麝香派の基礎講座でした。


さて、麝香運んでいる人にとっては今更の無駄知識を披露したところでいよいよ東アジア放浪ゲームです。
麝香といったら華南です。お約束の地華南です。聖書に出てくるあの地とは関係ありません。
つまらないので話を進めますが(↑の私のやっちゃった感は後でジワジワ来ました)、当時の華南は澳門と杭州は不景気、雲台山も雑貨・織物などの在庫が絶望的でした。
殆ど在庫がない重慶は存在しないものとして、残った華南地域の港は泉州です。
泉州へ行ってみたんですけど、こちらもいまいち…と思ったら唐錦が等価じゃないですか。
もうこれしかありません。
これを積んで堺へ行くという日本刀ルートです。
実はこの時、日本刀人気の地域台湾の安平が戦争状態でして、これは日本刀を運んで儲けるという死の商人を演じて最期は正義の味方に成敗されるという悪徳商人エンドができるんじゃないのかと…。
はい、後半は妄想なので相手にしないでください。
そんなわけで堺へ行きました。
あ、言ってませんでしたけど、南蛮優遇は使いません。
べ、別に南蛮優遇船を共有倉庫2の船倉に預けたまま課金が切れちゃったというわけではありませんからね(; ̄3 ̄)~♪

堺へ行って唐錦と日本刀の交換です。
在庫の巡り合わせが良かったのか日本刀が1400個以上という結果でした。
こ、これが南蛮ゲームか!!

あとは安平に行って台湾のブツと交換です。
でも在庫状況は微妙な感じ…そんな中で光ったのが水牛です!
なんか1600頭くれるとか行ってました。
戦争状態だというのにこの大量の牛…これは安●楽牧場あたりが暗躍したんじゃ…
(注意:実在する企業/団体名とは一切関係ありません)

取り敢えず水牛を積込みました。
この大量の水牛を朝鮮の漢陽へ持ち込みます。
あそこの人はロバ好きですから、きっと水牛も受け入れてくれます。
イノシシは討死しましたけど…

漢陽行った結果揚州栗と等価でした。

この栗は人気商品です。
どこへ出しても恥ずかしくない栗です。
人気の栗を届けた時の人々の喜ぶ顔が思い浮かびます。
そしてそんな笑顔の人々にいが栗を投げつけている私の光景も…(やってはいけない事その2)

さて、問題はこの栗をどこへ運ぶかです。
あと一回交換すると、その後の南蛮の交換はペナルティっぽいのがつくので、次の交換をヨーロッパへのお土産にしようと思います。
イベリアで高く売れる湖筆とか狭織の交換率がかなり悪かったので、他のにしようと思いますけど何がいいのか…。
種子島銃とか和書物とかですかね。
不景気だけど交換が良さそうな杭州でなんかてきとうなお土産というのも…。

迷った挙句に日本へ行きました。

まあ、よく考えたら南蛮ゲームは1200個の初心者モードでしたけど、結果的にここまでいったんですから、勝ちというか成功ですね^-^
あとはお土産と取り替えて勝利宣言をすればこのゲームは終了です。

そう、あの時点ではそう思っていたんです。

日本へ行く途中、ネズミに栗をたくさん食べられるという悲劇が起きる前までは…


【南蛮ゲーム:ネズミエンド】

2011/12/14 08:00 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: 0   cm: 2

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。