--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Tue.

旦那のお母さんがそもそもの…  

DOLいよいよ華南実装です!!

現在東アジアでは日本・台湾・朝鮮の三地域が実装されており、その三地域には実力者が配されてますよね。
それで華南の実力者は誰か…。

秦良玉


あれ、瓦氏夫人じゃ…。

一年くらい前に華南の実力者は女性のシルエットをした人だと予想して「これは瓦氏夫人だ!!」なんて得意気にこのブログで書いた上に、調子に乗って中途半端な瓦氏夫人特集をやった記憶が…(今読み返すと知識不足が露わに)

その挙句に瓦氏夫人じゃなくて秦良玉だとぉー!(TДT)

なんという大外し!

なんという羞恥プレイ!!

今更秦良玉特集なんてやってられませんよ!(T▽T)

『明史』見るのが嫌!(T▽T)

二年前に古本屋で中華書局版の『明史』を2500円で買ったんですけど、予想外に汚くて手に取りたくないんですが!(T▽T)

色が黄ばんでるとかいう次元じゃありませんよ。

ハナ○ソっぽいのついてましたから!(T▽T)


28冊で2500円という異常な安さはきっとそのせいだ(T▽T)
ハ○ク○割引ですか!!


それに秦良玉についてウィキペディアにも載ってますし、そこから秦良玉伝を翻訳しているサイトもありますから私ごときが書いても真新しいことなんて全然無いです。

本当に私の知識の無さが腹立たしいです(T-T)

以下は秦良玉についてのどうでもいい話。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

2010/09/21 00:00 [edit]

category: 歴史

tb: --   cm: 0

Sun.

誤魔化しの更新  

恒例の長期間放置をしてました。

そしてまたネタもないので何の記事をやったらいいのかわかりません。


そこで最近やっとわかったということを話します。

あれは二ヶ月くらい前だったでしょうか。
ある人から歴史をやる時はその時の社会背景とかだけじゃなくて気候変動なんかも含めて考えなくちゃいけないようなことを言われたんです。
その時は「はあ、そうですね」程度のことを言ったんですけど、なんでいきなりそんなことを言ったのか全くわかりませんでした。
なんかの本を読んで影響されたんだなって思ったんですけど、一体何を…それで最近になってその理由と思われる記事を発見しましたw

これですw


その人はきっとこれを見たからあんなことを言ったはずですw

記事の内容自体は確かにそうかもと思います。
例えば多田狷介氏は後漢王朝の崩壊の一因として、連年の天災によって大量の棄民・流民が発生し、後漢王朝の支配体制が崩れていったことを述べてますし、また気候変動によって遊牧民の家畜の餌である草の成長も思わしくなかった場合にしばしば南の中国に侵攻したというのも鮮卑の檀石槐の例がありますからそういう所で符合します。
当然と言えば当然の考え方なんでしょうけど、昔のことだと結構資料的な制約というのもありますからね。
そして中国には天人相関説という思想があっt…(面倒だから省く)

蝗の大量発生が王朝崩壊の直接的な影響とありますけど、中国の史料上、蝗害って数年に一度の割合で発生してますよね…(今、割合という卑怯な手法を使ってそんな大したことじゃないように思わせようとしてます)
ごめんなさい、蝗ってヤヴァイです。
なめたらいけませんよ。
大量発生した蝗って作物とかの植物だけじゃなくて、馬とか牛にも向かっていきますし、多分着ている物目掛けてだと思いますけど人間にも襲いかかってきますから。
それで死んだ人もいたはずです(ショック死?)

本当に気候変動って恐ろしや…。
ところで気候の寒冷化と蝗の大量発生ってどんな関係があるんでしょうかね?



ちょっとだけ見た文献

多田狷介「黄巾の乱前史」同著『漢魏晋史の研究』汲古書院 1999年
船木勝馬「後漢後期の鮮卑について-檀石槐時代を中心として-」『東洋大学紀要』第19集1965年
香坂昌紀・塚原保夫「中国史上の蝗害と記録された蝗の生態観察について」『東北大学応用情報研究所年報』 15号 1990年

2010/09/12 00:00 [edit]

category: 歴史

tb: --   cm: 4

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。