--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Wed.

噂の子供と…その3  

前回までのお話~
メロンちゃんの南米東岸入港許可のための勅命クエを達成しようとするものの、予想外の難易度であったために苦戦を強いられることになった私たち…。
いつ終わるのか予想もつかないgdgdな状況の中、援軍が現れるのでした。



ある戦闘が終わった後、ぶる氏が誰かを拉致したと報せてきました。
丁度近くにいたとかで…朝も早くから申し訳ありません(T▽T)

ぶる氏の呼んだ援軍の方は…名前を公表するかどうか判断に迷いました。
そこでその方を私の好きなアーティストから取ってcoccoさんと仮に呼ぶことにしますw

そういうことでcoccoさんと洋上で合流~
どうもcoccoさんはアラガレに乗っていたようなのでぶる氏はその船だったら死ぬよと言い、coccoさんも船を乗り換える旨を言ったんですが戦闘開始w

coccoさんが相手の集中砲火の餌食になって…(T―T)
こうしてcoccoさんも晴れて犠牲者の仲間入りを果たすのでした。

この時のcoccoさんの発言
coccoさんの正論_m_image

正論です。
移動しなくてもいいから楽だと思っていたクエが実はこんなにも困難なクエだなんて…。

以下coccoさんの名言集


「もうさ」
「破棄すれば…(ぁ」

正論です。



「(勅命クエを)請け直した方が若干早い」

正論です。



結構有利な展開になった時にメロンちゃんが沈められて敗北、ぶる氏が謝った時…

「謝るなら まずこのクエを選んだことを謝れwww」

正論です。



「2垢で海事選ぶとか絶対頭おかしいwwwww」

正論です。



そうはいうものの、ぶる氏とcoccoさんの活躍のおかげで勅命クエも無事達成しました。
皆様お疲れさまです!


その後はフィリクエかな?
それをやりに行くということだったので私もクエは受けられませんが同行しましたー

そんなわけでcoccoさんに引っ張られながらナッソーへ
ナッソーへ_m_image

実はナッソーへ行ったこと無かったんですよ。
ほら、海賊島ですし。
そんなわけで初めてナッソーへ!

と思ったら入るのに1m必要だったの忘れておりました(T▽T)
ぶる氏が通行料くれたのでなんとか入ることができましたが…ぶる氏、ありがとうございます(T―T)

フィリクエも無事に終わり(私は空気)、ナッソーへ戻りましたがその時に大変なことが!
なんとメロンちゃんがcoccoさんに襲われたのですっ!
やっぱり悪ガキだったからcoccoさんにお仕置きされたんですねw

そんなわけで今度はぶる氏がcoccoさんを襲撃w
面白そうだったのでSSを撮りに私も距離を取って周りを移動していたんですが…。

地雷踏んだー(T▽T)_m_image

近くに寄りすぎました(T▽T)

結果
お亡くなりになりました_m_image

そんなわけでみんなでドミンゴへ帰りました。
途中の会話で私がSSを撮ったことでcoccoさんが何かに載せるんじゃないかと言ってましたが、そこはぼかしぼかしでw

ぶろぐ?_m_image
誤魔化し切れていない気がする意味不明な会話にww


ドミンゴへ到着してぶる氏とcoccoさんに船の耐久を回復してもらいました~
本当にありがとうございます^^


その後、この二人はドミンゴ前でタイマン勝負をしました。
色つきが朝からドミンゴ前にいれば他の人には良い迷惑ですw
二人の勝負が気になったのでもちろん見学にいきました。

戦いなんですが…二人ともやり慣れているのか滑らかな旋回で撃ち合い(あと機雷を喰らい合い)ながら白兵へと移っていくのは見ていて凄かったです!
実際見ないと凄さが伝わらないですが、私は見ていて対人戦(PKじゃないですよ)やりたくなりました。
その位凄いんです!><

セカンドの海事上げを本格化させることを心の中で誓うのでした。

coccoさんと別れた後は勅命クエを報告にリスへ帰りました。
思ったよりも時間がかかったために南米巡りツアー翌日へと持ち越しになるのです。

次回メロンちゃん編最終章!



おまけ
タイマン勝負はぶる氏が勝ったんですが、その時のcoccoさんの名言。

「パチンコ言って来る。・゚・(ノ∀`)・゚・。」


スポンサーサイト

2008/08/27 06:40 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 0

Sun.

噂の子供と…その2  

さて、メロンちゃんの南米勅命クエを達成するべく、メロンちゃんとぶる氏を引っ張ってカリブへ♪

前回に述べましたとおり、新大陸制海権確保という海事クエです。
私一人だったら絶対にやらないであろう海事クエですが、今回は歴戦の強者ぶる氏がおります。
ぶる氏さえいれば海事クエなんて楽勝です!

そういうことでサントドミンゴ到着~
目的地はwikiでドミンゴの真南であることを確認。
準備を整えていざドミンゴ南へ出撃!

…だったのですが、ドミンゴの南へ行っても一向に敵が捕捉されません。
wikiで確認した座標のところを中心にウロウロしたのですが全く現れないのです。
クエももちろんちゃんと受けております。
私たちは様々な可能性を試してみたのですが、全く現れず一旦ドミンゴへ。

そこでぶる氏が発見しました。
wikiにはドミンゴの南と書かれておりますが、クエ情報だとジャマイカの南…。

…。

…。

嘘情報を書き込んだ奴は誰だぁ!?(TДT)

wikiに頼りすぎてはいけないってことですね。
日頃から言われていることですが、今回身にしみました(T―T)


ジャマイカへ向かう途中に一隻の商船が…。
以下の会話は伏字にさせてもらいます。

○○○★さん「おそいてえええええええええええ」
○○ー「やめてぇぇぇぇぇ」
○○ー「艦隊を離脱すればおkですw」
○○○★さん「\(*^▽^*)ノ ハーーイ」

…魔王だ。

って、○○○★さんはその船を襲ってませんからねw


そしていよいよ勅命クエです!
相手は精鋭私掠艦隊で改装重キャラックが10隻ほど。
クエはどうやら敵を30隻撃破することらしいです(敗北した場合は例え撃破してもカウントされない)
こちらは三隻…しかも一隻は行動できない上にもう一人はろくな海事スキルもない…。
ですがこちらにはぶる氏がおります!
ぶる氏ならこんな奴ら蹴散らしてくれるはずです!
私たちの戦いがはじまるのでした。




チーン


敗北しました。
メロンちゃんが集中砲火を食らって終了です。


…。

…。

もう一回挑戦!



チーン



…。


さらに挑戦!



チーン



…無理です!(TДT)

メロンちゃんを動かせないのがきついです。
メロンちゃんを守るために周囲にいてもあの集中砲火ではメロンちゃんを守り切れません。
かと言ってメロンちゃんをおいて敵に向かっていくのも瞬殺への道…。

私には無理です;;_m_image
↑焦りすぎの私の恥ずかしい画像;;
SS撮っている余裕なかったです


これを打開する方法…メロンちゃんが沈むよりも先にぶる氏が相手の旗艦を倒すことのみ…。

それをやってみると…メロンちゃんがやられる前に勝つことができました。
さすが魔王ぶる氏!

でもこれを30回繰り返すのは…orz


そんな時に一人の救世主が現れるのでした。



次回に続く!

2008/08/24 02:04 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 0

Fri.

噂の子供と…その1  

・・・。

・・・。


なんか今日、ものすごーく無駄に頑張ったんです。


それというのも…




あれは確かヨニでinしていた時です。

いつものようにリスでウロウロしていると疑惑の子供メロンが私の前に現れました。
そしてあろうことかメロンちゃんは追従してきたのです。

いけません。
非常にマズイです。

このままでは私の別垢と疑われるだけではなく、私自身が危ない性癖を持ったプレイヤーと思われてしまいます。

私は必死でふりほどこうとしたのですが、システム的に不可能でしたw


そんなことをしていると、ミリーさんにその姿を見られておりましたw
変な悪評が立たなければいいですねと言ってきたのですが…やっぱりそう見えたんですね(T▽T)

と、そんなことをしているうちにこのメロンという悪ガキはいきなりフィダルさんを拉致してきたのですw
メロンちゃんの正体を知らないフィダルさんなんですから、この状況で拉致したら完璧に私の別垢だと思われること必至。
なんて思っていた直後に今度はミリーさんを拉致…。


拉致現場
メロン拉致事件_m_image
なぜか笑われてますw


なんとか私に対する疑惑は解消されました(?)


さて問題はここからです。
どういうわけかメロンちゃんがカリブのPFへ行きたいということになりまして…。
でもメロンちゃんのレベルや名声は…。

ということでメロンちゃんの名声を強化することになりました。

名声を上げる方法その一。
投資して交易名声獲得。
そんなわけでメロンちゃんは公爵さまへ多額の投資を…。
こうしてメロンちゃんに爵位がきました。
でもこれはお金で爵位を…。
そんなことを口にしたらFさんから鋭い発言がw

「お金持ちは偉いんです・・・いつの時代も^^」

なんて説得力のある…w
いや、本当にその通りですが…w



さてさて、その次は名産を売って名声を獲得。
何を売るのか?
それは…香辛ry…


偶然ファロの相場が126㌫という滅多にない良相場に!
そういうことでメロンちゃんの名声獲得運動が始まるのです。
荷物係として私も出動しました。

何度かリスとファロを往復していたのですが、ふとメロンちゃんを見てみるとこんなことに…。
メロン強化計画途中経過_m_image

一時間前にはまだ交易レベルは5くらいでしたよ。
それなのにこの劇的な成長…。
名声に至ってはヨニを上回ってます。

しかも所持金が50m…。
リスボンすらまともに出たことがないこの子供のどこにこんな資産が…。

と思ったら、メロンちゃんに資金を渡したと思われる闇の黒幕が偶然(?)写っておりますw
…ごめんなさい、わざと写しましたw

こうしてカリブ入港の許可がおりるのでした。
(実は入港許可がおりていたのにうっかり香辛料を買っていたという事件も)

次はカリブ各港へ行くのですが、港発見時の獲得経験はやっぱり冒険職じゃなくては美味しさが半減です。
そういうわけでリスからアムへ行く転職クエを受けました!
もちろん引っ張るのは軽クリに乗っている私!
メロンちゃんを引っ張ってすぐに終わらせます。

と思ったらメロンちゃんの他にもう一人付いてくるじゃないですかw
はい、イングPKのあの方です(T▽T)

こうしてPKKに怯えながらアムへ向かうのでした。
途中モ○ールさんを見つけたり、補助帆をつけていなかったりとちょっとした珍事がありましたが、無事にアムへ到着しました。

モカールさん発見_m_image
あの商大クリッパがモカ○ルさんですw

アムへ行く前にメロンちゃん用に商大キャラックを作ったのですが、その材質について当初はチークでいいということだったのですが、鉄張りにして欲しいと…。
この選択が正しかったことを後で思い知るのですが、その話はもうちょっと後で。



リスに戻っていよいよメロンちゃんの南米勅命クエです。
何を選ぶかという話だったのですが、私がつい冗談で新大陸制海権確保のクエと言ったら、なぜかそれが通るのです。
まあ、ぶる氏もいるし、使える海事スキルを全封印中とはいえ鉄張り大型ガレオンに乗っているヨニが修理でも連打しておけば楽勝と思い、軽い気持ちでそのクエをやることにしました。

この選択が大きな間違いだったことは、この時知る由もなかったのです。

2008/08/22 11:31 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 2

Tue.

エクスカリバーVSタンバリン  

ある日、ヨニーでリスボンをふらふら歩かせていたらアサトさんに遭遇しました。


挨拶をするやいきなりアサトさんが決闘を申し込んできたのです!

知ってると思いますが私は戦闘なんかできません。
剣術すらもっていませんよ。
そんな私にエクスカリバーを持った辻斬り魔が襲いかかってきたんです。

結果

瞬殺です。


あっちは素手で熊を倒せる人(イ○ナさん談)、こっちは虫も殺せぬ心優しき悲劇のターバン。
勝負はやる前からわかっていました。

そこでアサトさんがお互いの装備を交換してもう一度やろうといってきたのでそれに乗りました。


アサトさんはこの時ヨニーの装備がタンバリンであることを知らなかったのです。

あっちは最強装備、こっちは最低装備…。

もうこちらが断然有利です。
最強の装備を以てタンバリンのアサトさんを倒します!


ヨニー対アサト02_m_image
あんまり人の貧しい財産を見ないようにw

防御200ですからw

因みにアサトさんの方(無許可掲載)
ヨニー対アサト03_m_image

防御18、攻撃力に至っては0!

もうやるしかありません!

そして一方的な戦いが…。



…。


…。


あれ?

確か私の装備ってエクスカリバー…。
それなのにアサトさんがなかなか倒れない…。

というか互角…。

恐ろしい…最強装備の私がタンバリン装備のアサトさん相手にここまでやられるとは…。
このままでは私に汚名が…。

こうなったらなりふり構わずいくしかありません。

道具で刺激的な粉を使います!
タンバリン相手に命中落とすというチキンな戦術。
なんとでも言ってください。
私は勝たなくてはいけないのです。

しかし、この道具使用でアサトさんも道具を使ってきました。



…チーン



はいはい、負けましたよ(T▽T)
エクスカリバーでタンバリンにまけましたよ(T▽T)


アサトさん強すぎです。
素手で熊を倒したことがあるって本当みたいですよ。


今日の教訓
タンバリンをなめるな


2008/08/12 04:50 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 0

Mon.

商用大型スクーナー建造の悪夢  

造船カンスト後はみんなから造船の依頼がきました~
まだ十隻も作っていない気もしますが、その中でも最大の依頼がありました。
相手はM子こと玲徒悪、その内容は…


☆3商用大型スクーナー三隻




なんという無茶な依頼でしょう。
三隻作るっていうのだけでもかなりの大がかりなのにそれを☆3まで…しかも商用大型スクーナーって部品を一から集めなくてはいけませんから…。

というよりもあなたのキャラは二人なんだから三隻いらないでしょう。
と思ったら私用とのこと。
これなら作るしかありません。

そんなわけでかなり前から商大スク用の部品を二人でコソコソ作っておりました。
そしてやっと面倒な材料を作り終えたので加工木材とか加工鉄材を揃えれば完了です。

加工木材レシピは旅団所有物を預かっているのでわざわざ開拓港まで行かなくても北ヨーロッパへ行けばすぐに作れますから非常に助かってます。

材料も三隻分揃い、最終チェックも済ませて二人でハバナへ行きました~

三隻分ですからお互い所持枠もきつく、50枠だった私は後で使う加工鉄材を二つと大マストと大ガフを交換して船を造り始めました。

☆1につき12分です。
三隻×☆3ですから…それに銀行へ行ってノコギリを預けたり部品の受け渡しをやったりと時間が…。
時々目を離して一日過ぎていたり、M子が朝ご飯を作っていてトレードに数分間気付かなかったりと面白いことがありました。


そんな中でも面白い…というか酷いことがありました。

それは三隻目を作っている時でした。
そこまでいくと所持枠にも余裕ができたのでいちいち備品を渡して貰う手間を省くために残りの部品を全て貰ったのです。
ですがおかしいんです。
加工鉄材が一つ足りないんですよ。

私は西カリブ海でプカプカ浮いている時に加工鉄材が一つ足りないと言うと、M子が「あれだけチェックをやったのに」と愚痴ってリスへ加工鉄材を調達しに行きました。
でも私の記憶だとM子に加工鉄材を二つ渡したんですが、戻ってきたのは一つ…。
そこでM子にちょっと荷物を確認してみてと言ったところ持っているじゃないですか。

危なかったです。
リスに戻ってから気付いたら目も当てられませんから。

洋上で加工鉄材を受け取ると、M子は試し乗りをすると行ってどこかへ消えていきました。

一応艦隊を組んでいたのでどこにいるのか表示されます。


アンティル諸島沖…
(私の心の声:PK大丈夫かな…)

サンファン沖
(結構遠くまで行くね)

北大西洋
(えっ、ちょっと行き過ぎでしょ…)


マディラ沖
(…私を置いて帰りやがった)



M子の言い訳
「PKがいて戻るに戻れなかった」


…。

…。

確かにいましたが……戻れないわけないでしょ!
というか、どっかで待てよ。

私をPKのいる中においていった罪があったので二隻目は売却することにしましたw

それを聞いたM子は私に地方海賊の上納を100個貢ぐのでした。

皆様、試し乗りという言葉には注意してください。

2008/08/11 08:05 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 0

Sat.

SSで見る最近の出来事?  

造船修行から解放されてからというのも、ブログを殆ど更新しておりません。
それどころか深夜にもかかわらずどこかへ遊びに行っていることも・・・。
数日前のこともまともに憶えておりません(それは若年性アルツh…)


そんなわけで脳を活性化させるために、ここ数日何があったのかSSを見ながら思い出しておりました。

ヨニ業者となる1_n_image

これはヨニがRMT業者となるために、メロンという別垢を誕生させた記念のSSです。

…嘘ですよ。
本気にしないでくださいね?

このメロンちゃんはですね、ある方の裏なのです。
でもこのSSだと確実に私の別アカですよね。
世が世なら捕まりますよ。

SSからは二人しかおりませんが、実はもう一人誕生しましたw
体験アカで三人目がww

三つ子ですね。
三人揃ったSSがこれです。

三つ子メロン_m_image

なぜか八○蔵さんの隣w
理由は秘密w(あまり深い意味はなかったり)




陰湿な戦い1_m_image

翌日、八重氏とぶる氏と三人(四人?)でオスロへ行って、加工木材用の木材を買っていた時の図です。
いや、もう木材を買いに来たというよりも変な争いが起きている図ですw

この争いが泥沼化していくんです。
そしてとうとう私にまで飛び火しましたw

陰湿な戦い2_m_image

こうして私もこの争いに巻き込まれていくのでした。


後日ぶる氏と二人でちょっと冒険クエをやったんです。
ヨニの見つけていない発見物とかを色々見つけてアムへ帰郷しました。

ヨニのアパで落ちて寝ると言ったのですが、ぶる氏もなぜかヨニアパに来るとのこと…。
非道な私はすぐに「良い橋の下を紹介します」と返事を。

そんなわけでぶる氏を連れて橋の下へ!
でもアムにはなかなか良い橋の下…というよりも橋ってありましたっけ?

アム探したら酒場横に橋があるじゃないですか。
でもあの橋の下は…。
さすがに私も鬼じゃありませんので橋の上にぶる氏をおいて、立ち去りました。


その後のぶる氏
橋の上の子01_n_image

別角度版
橋の上の子02_m_image
つい目を逸らしちゃいましたw


そしてついにぶる氏は…
橋の上の子04_m_image


果たしてぶる氏に飼い主が現れるのか!?






















-- 続きを読む --

2008/08/09 05:18 [edit]

category: DOLっぽいの

tb: --   cm: 2

Fri.

私の知らない世界  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2008/08/01 02:19 [edit]

category: 日記?

tb: --   cm: --

最近の記事

プロフィール

非公式マスコット

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。